過去の記事

あなたが現在見ているのはJanuary 2008の記事です。

銀行融資の実態 頭取自宅前で抗議の心中未遂





2007.7.5 TBS イブニングファイブ  You Tube

弟と心中未遂を図ったこの女性は、殺人未遂で逮捕された。銀行があの手この手で提案してきたことを信じたがゆえに、長年住み続けた家を銀行に奪われたのだ。

「家を奪われたら、生きていけないと思ったのです。」
全く、私たちも同じように感じる。

銀行関係者はこの痛みをどう受け止めるのか?無視し、軽視し、しょうがなかったというのだろう。これほど被害者を苦しめていても、家に帰れば平気な顔で家族に愛情表現をしたり、教育論をぶったり、幸せな生活をエンジョイするのが銀行マンなのだ。「おれだって仕事で大変なんだ」。そうやって自分たちが他者に甚大な痛みを与えているという事実から、目をそらし、言い訳を積み重ねるのだろう。

おれには直接関係ないことだ、会社のためには仕方がないのだ。そうやって、被害者の痛みを見ないようにし、一人平和な生活を盗み取ろうとするのが銀行マンである。自分たちの利益のためには、被害者が苦しむのもしょうがない。自分が会社の不正な行為を黙認している一人なのだ、という事実さえ見ないようにし、否定しようとするだろう。

バブル時代の銀行融資はまさに常識はずれの放漫経営の典型だった。そのツケを日本社会はバブル崩壊という国家的損害として支払い、銀行救済策として70兆円という国民の税金が使われた。

しかし、銀行は本当に何も反省しないまま、国民に自分たちの失敗をすべて押し付けたままなのである。それに対し被害者がどのように感じているか、真摯に答えるべきである。みずほ銀行を筆頭に、銀行は私たち被害者など、全く無視したままなのである。

そして、このブログを見る一人でも多くの人が、銀行に対し、その顧客軽視の経営姿勢を改めるよう迫ってもらえればと思う。
カテゴリー: 銀行被害
投稿者: webmaster
こんな記事があった。
週刊朝日 20071.4-11

「老舗企業舞台の不可解融資に注目」
「金融庁が2007年11月20日から、みずほ銀行に対する検査を続けて、新年も続行する見込みだという。みずほ銀行側は「年一回の通常検査」(広報部)としてあくまでも平静さを装っているが、検査はみずほの不可解な取引に焦点を当てており、どうも『通常』とは違うようだ』

みずほ銀行がいかに企業の社会的責任というものを無視した経営をしているか、それが金融庁にも目をつけられているのだ。ちょうど私たちの問題が差し迫っていた時期に、みずほ銀行は金融庁の調査を受けていたことになる。

銀行は顧客を「騙すために」極めて複雑で素人には分からないやり方をしてくる。プロが顧客を「騙すこと」をみずほ銀行はなんとも思っていない。

みずほ銀行に「騙された」この大黒屋の社長もこう言っている。
「みずほというメガバンクがついているんだから、変なことはするわけがないと、端から信用しきっていた。」

みずほ銀行が、そして日本の銀行がいかに信用ならないか、そして国民の税金で救済されながらいかに顧客を軽視しているか、是非このブログをご覧の皆さんにも理解していただければと思う。

銀行が収益至上主義に走ることで、損害を蒙るのは常に一人一人の顧客である。
アメリカの金融当局FRBはサブプライム問題に関し、再発防止策として過剰融資に関する規制強化案を昨年12月に発表した。

「極めて緩い貸し付け審査がサブプライム問題の核心。しっかり規制しないと再発もあり得る」
「うそつきローン」ダメ 米FRB、サブプライム対策

バーナンキFRB議長「我々の目標は消費者利益と経済全体のため、責任ある不動産融資を促進することでである。」
融資に際し貸し手は、借り手の資産と収入を確認することが求められる
FRBのプレス向けリリースより


アメリカでこの過剰融資規制強化案が出されたのは、サブプライム問題の顕在化から一年たっていない。日本はバブル経済であれほどの国家的損害を受けながら、その一因となった銀行融資に対する立法措置をその後も何も行わなかった、という事実がどれほど異常か示しているだろう。

私たちの被害の場合、銀行は無職の高齢者に2.2億円の貸し付けを行った。にもかかわらず、日本の法律では銀行の責任は0。そして私たちは競売によって戦前からの持ち家を失い、連帯保証人の財産まですべて失い、家族3世代の生活の完全崩壊寸前までいった。銀行は競売取り下げ後も、いまだそれを狙っている。

借り手の収入60万円に対し、リスク説明を全くせずに2億の融資を行ったみずほ銀行は、自身の責任は0でいいと本当に考えているのか

銀行が自身の非常識融資の過去と向き合い、真摯に反省し、被害者たちと融和的に和解すること、それが何故銀行自身の未来のためであることがわからないのだろうか。これほどの非常識を行うことが、みずほ銀行の長期的な利益になると本気で思っているのだろうか?

以下は前田雄吉民主党議員の発言である。
「サラ金なら、貸金業の規制法第十三条で過剰融資が禁止されております。しかし、銀行には過剰融資を規制する法律がありません。この法的規制の不備が銀行被害の増大、あるいは深刻化をもたらしているんだと思います。」
第159回国会 2004/5/26日
カテゴリー: 銀行被害
投稿者: webmaster
あけましておめでとうございます。
みずほ銀行は当方の被害に関して、相変わらず一切の説明責任を果たしておりません。そして競売は取り下げたものの、「貸し手責任はゼロ」という態度を崩しておらず、将来的には当方自宅を奪う気でいるようです。

みずほ銀行の実態をよく知ることで、皆さんが銀行を信じて人生被害にあわないようお祈りいたします。銀行と大きなやりとりをするときは、必ず録音+資料保存を絶対にするべきです。銀行は自分の罪は絶対に認めません。日本の法律も銀行に絶対有利に出来ています。現在のところ日本は、悲しいことに先進国で唯一貸し手責任を問えない国なのです。


こんな記事を発見した。

「銀行検査に人事抗争で前田みずほFG体制の不安」 
現代産業情報 2007.12.1

「みずほフィナンシャルグループ(FG)がおかしい。」

「その収益至上主義には、コンプライアンス上の問題があるのではないかとして、金融庁は11月から、みずほFGの銀行検査に入っており・・・」

みずほグループはサブプライムローンの損失について「当局から指摘されるまでもなく、経営責任を問い、体制を見直すのが筋だが、みずほFGは誰の責任も問わなかった。」

「今年、前田社長が日本経団連副会長に就任したことが挙げられている。
 いまだに税金を払っていない銀行の代表が経団連副会長かと、批判も受けたが、臆面もなく前田氏は受けた。」