みずほ銀行は現在、小中学生に対する金融教育を積極的に行おうとしていますが、私たちのようなみずほ銀行被害者にとっては、ひどいブラックジョークにしか思えません。
小中学生向けの金融教育

この件に関連して先日うれしいことがありました。友人に私立高校の教員が2人いて、彼らはこちらから頼んだわけでもないのに、二人で協力してペーパーを作り、私たちがみずほ銀行から受けた被害について簡単に生徒に話してくれたそうです。「生徒の将来のためにも知っておいて損はない」、という動機でやってくれたようですが、生徒の反響はかなり大きかったようです。
みずほ銀行ってそんな酷いことするんだ」という声が圧倒的で、中にはこの件についてもっと知りたいといって、私たちの被害経緯に関する書類を自発的にもらってくれた生徒もいたそうです。
二人の友人は、「生徒の反応がとてもよかったので今後全ての担当クラスでやるつもり」と言ってくれた。感謝。

銀行法の改正なくして銀行主導の金融教育が行われていけば、顧客に被害が起きた時に銀行は必ず、「学校で金融教育が行われているのであり、顧客はリスクを承知しているはずだった」との言い逃れに使うでしょう。

私たちの被害はもちろん、銀行はバブル時代に本当に無茶苦茶な融資をたくさん行い、その後の回収のやり方も言語道断の非道なものだった。それは銀行自身が深く認識しているはずである。
みずほ銀行は、そのような過去についてどのように向き合うのか。そして私たちのケースについてこれでいいと考えているのか。その謝罪も反省も表明することなく自らの責任を棚上げにした競売を強行しながら、子どもに金融教育をするえげつなさを何とも思わないのだろうか。一企業として本当に恥ずべき行為である。頭取はじめ、みずほ銀行の行員は一人の人間として、この卑怯・卑劣をどう考えているのか?

自らを厳しく律する事の出来ない組織は、外部からの批判や介入、管理を招き、その自立性の一部(時に全て)を喪失するという歴史に学ぶべきである。政治家がなぜ一円領収書をつけろと言われるのか、考えてみるべきである。
カテゴリー: 銀行被害
投稿者: webmaster
銀行による年金差押さえなど
「不動産に競売をかけられただけではなくて、**さんの年金専用口座、これにまで入って債権回収を図っている。」
みずほ銀行は「九十歳の方が住んでいる自宅を競売にかけて、抗議すると、銀行は何と言ったか。こちらは競売する権利があるにもかかわらず抑えてきた、それを逆に権利侵害などというのはどういうことだと一喝した」
これに対して山本国務大臣は「優越的地位の濫用と誤認されないよう、客観的、合理的理由について顧客の理解と納得を得ることを目的とした説明体制が整備されているか」を重視すると答弁。
相続税対策と銘打って勧誘してきた銀行が、その名義人が存命中に競売にかけるのは明らかに「優越的地位の濫用」ではないのか?また、この矛盾について銀行は何も説明してきていない。第166回国会 2007/6/13


変額保険問題など銀行の「犯罪」について―(「前田分科員」で検索してください。)
前田分科員「提案型、つまり、借りてくれ借りてくれと言っておいて、個人の生活を破滅に追い込んでいる、これはやはり銀行の犯罪ではありませんか。」
第162回国会 2005/4/25

「相続税対策に適当であるとして融資を押しつけて、被害は高齢の人、被害額は高額ということですね。サラ金なら、貸金業の規制法第十三条で過剰融資が禁止されております。しかし、銀行には過剰融資を規制する法律がありません。この法的規制の不備が銀行被害の増大、あるいは深刻化をもたらしているんだと思います。」
第159回国会 2004/5/26日

四大銀行の頭取・社長にたいする金融問題・参考人質疑
佐々木委員は三木頭取に対し「あなた方がやっているのは、話し合いをする前に次々と競売にかける、保険は差し押さえる、そういうやり方をしているわけですよ。」
三木頭取「恐喝的なといいますか、強権的な行動に出ていることはございません。話し合いを本当に求めております。」
この国会での答弁が虚言なのは明らかで、その後も銀行は容赦のない競売を連発した。
第159回国会 2004/03/17 

当時のみずほ社長前田晃伸はバブル期の融資について「銀行も責任はなかったともちろん申し上げません。」と明言している。では私たちに対するみずほ銀行の問答無用の取立てはどう説明するのか?みずほ銀行の責任は棚上げにして、取り立てはしますという意思表明か?
第154回国会 2002/4/24
カテゴリー: 銀行被害
投稿者: webmaster
銀行はこんなに儲けている
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/yw/yw06121701.htm

しかし税金は納めなくていい仕組み。
http://www.jiji.com/jc/zc_p?k=200705103&rel=y

なぜ、このような状況にもかかわらず、債務者の生活基盤を破壊し、90歳になる名義人をも追い立てるような取立てを行えるのか。公的資金という税金の投入の名目は「預金者保護」とか「国民経済全体のため」だった。
カテゴリー: 銀行被害
投稿者: webmaster
銀行は「年金」まで差し押さえた!!それは貸金業規制法では明確な違法行為である。
違法年金担保融資対策法
しかし、この法律は貸金業者にしか適用されない!!銀行法には書いてないから、銀行はやってもいいというのだろうか?

銀行法はそもそも銀行がこのような悪事を働くかもしれない、という前提がない!このような銀行に退職金の運用など任せて安心ですか?

2007年 06月13日 財政金融委員会
年金専用口座」と検索してください。(画面左上の「編集」→「このページの検索」)

カテゴリー: 銀行被害
投稿者: webmaster
カテゴリー: 銀行被害
投稿者: webmaster
『ビッグマネー!〜浮世の沙汰は株しだい〜』

少し古いドラマではあるけれど紹介。ドラマになるほど銀行の融資はメチャクチャだったのである。長瀬智也が主人公で、銀行の詐欺的融資の実態について扱ったドラマ。変額保険が取り上げられている。

「被害者をだまして告訴を取り下げさせる、老女を自殺に追い込むとものすごいヒールぶり。民放のドラマでここまで銀行を悪者にした例は記憶にありません。」
「銀行がここまで悪く描かれるのは、銀行の信用がなくなったからか、それとも広告の出稿量が減ったからなのか?」
All About(オールアバウト)という生活総合情報サイトでの紹介

ウィキペディア

番組の概略byフジテレビ
カテゴリー: 銀行被害
投稿者: webmaster
カテゴリー: 銀行被害
投稿者: webmaster
«Prev | | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 || Next»